さらば口下手!スラスラ話せる「プロ技×3」

アナウンサー魚住りえの「魔法の話し方」講座

最初は「高めの声」で入り、次に「低めの声」で続け、それを繰り返し、最後は「高めの声」で締めると、聞き手はよく聞いてくれる

りえ:そうです。最初、「高めの声」で始めて、次に「低めの声」で話す、それを繰り返して、最後は「高めの声」で締めると、聞き手がうまく集中して聞いてくれ、話も盛り上がったように感じてくれます。こうやって「テンション」を使い分け、聞き手をコントロールすることで「聞かせる話」ができるようになるんですね。

ポイント2:「強調したい部分」を意識する

りえ:この「テンションの使い分け」とも関係するのですが、話に「メリハリ」をつける工夫もするといいですね。それが2つめのコツです。

Kさん:話に「メリハリ」をつけるには、どうすればいいのですか?

りえ:具体的には、話の中で「強調したい部分」を「高く」「大きく」「ゆっくり」話す、それがコツです。たとえば、以下の文を普通に朗読してみてください。

「弊社が新しく開発したロボット掃除機は、従来の機種に比べて、3つの特長があります。ひとつはゴミを吸い取りながらふき掃除が可能になったこと、2つは今までの2分の1の時間で掃除が終了すること、そして3つめはバッテリーの使用時間が今までの3倍になったことです」

 

Kさん:(朗読を行う)

りえ:次に、【 】で囲った部分を「高く」「大きく」「ゆっくり」発音してみてください。

「弊社が新しく開発したロボット掃除機は、従来の機種に比べて、【3つの特長】があります。ひとつはゴミを吸い取りながら【ふき掃除が可能】になったこと、2つは【今までの2分の1の時間】で掃除が終了すること、そして3つめはバッテリーの長さが【今までの3倍】になったことです」

 

Kさん:(朗読を行う)

りえ:どうですか? すごくメリハリがついて、いい感じになりませんか?

Kさん:なんだか急にスピーチ上手になったような気がします(笑)。

りえ:それができたら、「強調したい言葉」の前に「少し間」を置く。そうすることで、さらに「強調したい言葉」がうまく伝わります。

Kさん:ありがとうございます! 自分が「強調したい部分」を、「高く」「大きく」「ゆっくり」話し、かつ、その前に「少し間」を置くことで、すごく話にメリハリがつく気がします。あと、最後の「人前で話す3つめのポイント」というのは何ですか? 

次ページ「口の開き方」だけで、話し方は劇的に変わる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。