いるいる! 話し合いを「空転」させる、こんな人

8種の「モンスター」傾向と対策〈第2回〉

思わずこんな顔になってしまう会議、ありますよね……(wavebreakmedia / Imasia〈イメージア〉)
 会社、サークル、友人、家族――さまざまな場面で行われる「話し合い」。終始和やかに、みんなの総意で結論が出ればストレスはかからないが、実際には、「困った人」のおかげで紛糾し、みんなの時間が無駄になってしまうことも少なくない。そんな経験を持っている人、けっこう多いのではないだろうか。
 そこで、新刊『東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート』を上梓した東大ケーススタディ研究会の吉田雅裕氏に、話し合いをぶち壊す「モンスター」の8つの類型とその対策を、2回に分けて紹介してもらおう。第2回目の今回は、「評論家」「演説屋」「カタカナ星人」「ゆるキャラ」「お地蔵さん」について解説する。

 

シリーズ10万部突破!  「東大生が書いたノート」シリーズ最新作! 就活、ビジネスの会議、サークルの打ち合せ、家族会議など、あらゆる話し合いで一生使える、誰も書かなかった知的生産法とは?

前回は、3つのタイプ(「デストロイヤー」「眠れる船長」「ロジックオタク」)の「モンスター」をご紹介しました。いずれも、皆さまが1度はどこかででくわしたような、ありがちな「困った人」だと思われます。

今回は、残りの5タイプを一挙に解説していきます。中には「これを『モンスター』というのは、言い過ぎでは……」と思われるケースもあるかもしれません。

ですが、前回から強調していますように、誰もが「モンスター」になる可能性があるわけです。バカにするのではなく、「人のふり見てわがふり直せ」の精神で読んでいただければ幸いです。

次ページ「評論家」「演説屋」「カタカナ星人」とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT