「自分探し」を笑う人は、成長できない

すべての能力開発は「志」実現のため

「自分探し」は、大人の必修科目です。(写真:Cultura Creative/アフロ)
発売早々4刷!「どこに行っても通用する」ビジネスパーソンになるために必要な10の必須ベーシックスキルを凝縮して紹介。
日本屈指のビジネススクールであるグロービス。各界の第一人者が教鞭を執るグロービスで学んだビジネスパーソンは、累計7万人を超える。
2014年8月、グロービスでは、7万人ものビジネスパーソンと向き合ってきた経験から導き出した「あらゆるビジネスパーソンに必要な10の『基礎』」を、新刊『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』にまとめた。本連載では、書籍の執筆にあたって教授陣が交わした議論を基に、ビジネスにおける「基礎」の磨き方を解説する。
「残念な自己啓発」の3パターンを解説した第1回、「愛の値段」の計算から数字力を高めるポイントを解説した第2回、「仕事が空回りする理由」を解説した第3回に続き、第4回を執筆するのは、グロービス経営大学院経営研究科研究科長を勤める田久保喜彦氏。「自分探し」の効用について解説する。

終わりのない、自分探しの旅

「やりたいことが見つからない」

「やりたいことは何となくあるけど、いろいろ考えてしまう……」

誰もが一度や二度は、こんなことを思ったり、考えたことがあるでしょう。そして、自分と向き合うことに関連した本を手に取ったことがあるかもしれません。私の周りには、『アルケミスト』(パウロ・コエーリョ著、角川書店)が愛読書という方が多くいます。

こんなことを書くと、「まだ自分探しの旅をしているの?」「そんなことは大学生のうちにケリをつけることでしょ」という声が聞こえてくる気がします。しかし、そんなことはありません。

次ページ「自分探し」は大人の必修科目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。