いるいる! 話し合いを「空転」させる、こんな人

8種の「モンスター」傾向と対策〈第2回〉

ゆるキャラ

悪意がないのはわかるけど……「ゆるキャラ」

「ゆるキャラ」は、発言が明らかに的を外していて、議論を脱線させてしまうタイプです。「そのアイデア、おもろいな」「その方法、何かイケてないな」のような単なる感想・所感だけを述べる人も、ゆるキャラに含めていいかもしれません。

多くの場合、性格は天然系な善人のため、憎めないのですが、発言の方向がズレているので、それを調整するのに時間がかかるという点で「モンスター」として扱っています。

対策としては、「確かにおっしゃることはもっともですが、今、○○を話しているので、それについてはまた後で考えませんか?」といったように、相手の発言を認めたうえで、あくまでも当面の論点を確認していくことです。

お地蔵さん

気配も消します!「お地蔵さん」

「お地蔵さん」は、議論の間、まったく発言しないタイプで、これも今回はあえてモンスターの一種とさせていただきました。確かに直接的には無害なので、「モンスター」扱いするのは申し訳ないのですが、周囲が意識して発言を引き出したり、理解度を確認したりするなど、気を遣わなければいけないという点で、間接的に足を引っ張ってしまいます。

「お地蔵さん」になってしまう原因としては、議論にキャッチアップできていないか、内気なタイプで発言に慣れていない、もしくは、自分の利害以外は口を慎もうと警戒しているのかもしれません。

対策としては、適切な質問を振って、参加を促すことです。放置しておけばいいと思うかもしれませんが、沈黙している人がいるのは場の一体感、空気感に影響するので、やはり「お地蔵さん」もできるかぎり巻き込んでいくべきです。

たとえば、「これは法的には、違法なんですかね?」「これは生命科学分野ではどんな事例があるんでしょうか?」などと、その人の専門分野に応じた最新の情報提供(と判断)を求めるのが、いちばんやりやすいかもしれません。バラエティ番組でゲストとして呼ばれた専門家や識者に、司会のパーソナリティがしばしばこのような投げかけを行っているようです。

 

以上で「モンスター」の紹介は終了とさせていただきます。他人の振りを見て、自分のコミュニケーションの癖を振り返るキッカケにして頂けましたら幸いです。

なお、今回の新刊『東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート』では、このような就活の現場での観察結果のみならず、「2ステージ・6ポジション」と題して、世の中の「話し合い」全般に使える枠組みを学生目線からたくさん開発し、1冊にふんだんに詰め込みました。ぜひご笑覧いただけましたら幸いです!

(イラスト:上田惣子/ブックスプラス)

シリーズ10万部突破! 東大ケーススタディ研究会の3部作、好評発売中!
『東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート』
『現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』
『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。