いるいる! 話し合いを「空転」させる、こんな人

8種の「モンスター」傾向と対策〈第2回〉

評論家

それで、あなたのご意見は? 「評論家」

「評論家」は、批判的な分析やコメントのみに特化し、肝心の代案となるコンテンツを出さないタイプです。思考回路の癖になっているのか、何か仮説を振ると、その反例の繰り出しが超絶にうまい人もいます。

もしくは、「ちなみに~なんだよね」「~なのは有名な話だけどさ」のように、単に知識量、「トリビア」のアピールをされることもあります。

対策としては、「あまり批判ばかりでは議論が先に進まないので、これを改善していく方向で一緒に考えていきませんか?」というように、対案のない批判はしないという態度を、柔らかく確認することだと思います。

もしくは、「特にアイデアを出す段階において、批判はしない」など、ルールや議事規則で最初から発言を縛り、全員で共有しておくことです。

演説屋

お前の武勇伝には興味がない! 「演説屋」

「演説屋」は、ひたすら自分だけ話し、他人の話には聞く耳を持たないタイプです。サッカーで言えば、ほかのプレーヤーにボールをまったく渡さずに、ひとりでドリブルからシュートまで持っていこうとするプレーヤーです。

話し方として、「AはBで、CはDだから、Eになって~」のように、発言を句点で切らないために、ひたすら発言がウニウニと長くなり、何を言っているのか伝わりにくかったりする人もいます。そういう人は往々にして、本人も何が伝えたいのかわかっていなかったりもします。

対策としては、「お話は大筋納得なのですが、お話が長めで皆があまり発言できていないようですので、多少お気遣いいただけませんか?」と柔らかく発言を抑えていくことです。

カタカナ星人

アナタ、ニホンゴ、ワカリマスカ? 「カタカナ星人」

「カタカナ星人」は、カタカナ用語やビジネスの専門用語を多用するタイプです。外資系の若手社員(または志望者)、欧米圏への留学経験のある人、ビジネス書を読みすぎのがっついた人に多い症状です。

たまに会話の中で横文字表現を聞くとシャレた感じがするのですが、あまりに頻繁に使われると、聞き手には不自然に聞こえるため、スムーズなコミュニケーションの妨げになってしまいます。

カタカナの使いすぎがサマになるには、相応の社会経験が必要になります。新人がやるとどうもぴったりこない単語も、役員レベルの10年、20年プレイヤーだと、なぜかしっくりきてしまうのが実社会の凄みです。

次ページ「カタカナ星人」とルー大柴さんの共通点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT