さらば口下手!スラスラ話せる「プロ技×3」

アナウンサー魚住りえの「魔法の話し方」講座

りえ:最後の3つめのポイントは「口の開き方」です。同じことを話すのでも「口の開き方」を変えるだけで、声や話の印象は、まったく変わってくるんです!

ポイント3:口角を上げて、口を横に開く

りえ:Kさんの話し方はちょっとエネルギーが低いと申しましたが、それはKさんの強力な強みでもあるんですよ。

Kさん:えっ、このボソボソしたしゃべりが強みですか……?

りえ:そうです! その穏やかで柔らかい話し方は「絶対に敵をつくらない話し方」です。初対面でKさんに反感を持つ人はいないと思います。ただ、ややトーンが低めなので、ちょっと「口角を上げて、口を横に開く」ことを意識して話してみてください。

Kさん:こ、こんな感じですか?

りえ:そうです、「口を横に開く」と、一気に「明るい雰囲気」になりましたよ。今度は「口を縦に開いて」話してみてください。

Kさん:こうですか?

りえ:そうです。「口を縦に開く」と、「低くて力強い雰囲気」になりますよね。

Kさん:ホントだ。全然、違います。「口を横に開いて話す=明るい雰囲気」「口を縦に開いて話す=低くて力強い雰囲気」と覚えておくといいですね。

りえ:こうやって、口の開き方ひとつとっても、話の印象はまったく違ってきます。人前で話すときは「口角を上げて、口を横に開く」ことから始めてみてください。それだけで印象がガラリと変わります。

Kさん:あと、「口角を上げて」というのも大切ですね。

りえ:そうですね。「口角を上げて」話すだけで、感じのいい、やさしい話し方になります。おのずと好印象にもなりますよ。あとは本に書いてある発声や呼吸法をトレーニングすれば、さらに聞きやすくなって鬼に金棒です。Kさんの本来持っている強みを生かしつつ、よりよい話し方になるようブラッシュアップをしていってくださいね。

Kさん:自分の話し方なんて、今までコンプレックスでしかなかったけど、少し自信が持てました!

今日のレッスンのまとめ

ポイント1:声の「テンション」を使い分ける

ポイント2:「強調したい部分」を意識する

ポイント3:口角を上げて、口を横に開く

 

魚住りえの「話し方講座」第1回目、いかがでしたか?

この講座では話し方、スピーチのお悩みを持っている方からのご相談を受け付けています。こちらまで、ぜひお寄せください。

次回は「好感度がイッキに3割アップする『営業トーク』」です! お楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。