対話の現場/ふまじめのすすめ新しい対話的発想法

対話の現場/ふまじめのすすめ新しい対話的発想法

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

先日、作家の石田衣良さんと対談講演をした。フォーラムディスカッション「知層をつくろう~新しい生き方・ことばの力~」というイベントである(9月25日・於全電通労働会館)。

この先行きの見えない時代に、どうやって生きていけばよいのか。特に段取りを決めることもなく、結論を出すこともなく、壇上でとりとめのない雑談をする--このような趣向のイベントであった。

とりとめのない雑談とはいえ、いくつかの強烈なメッセージが提示され、そこから話が展開した。中でも興味深いのは、「ふまじめであれ」と「そんなこと、どうでもいいじゃないか」というメッセージである。

いずれも、それこそ「ふまじめ」な感じがするかもしれないが、対話的発想においても重要なことだ。

それはどういうことなのか? 今回のテーマである。

まじめであるために全体が見えなくなる

「まじめ」とは、「真剣であること」あるいは「物事に真剣に取り組むさま」を意味する。

いいことじゃないか。そう、いいことである。まじめであること自体が悪いというのではない。

ただ、表面的な問題点としては、この不確かな時代において、他者と同じことを、人一倍まじめに考えて、人一倍まじめにやったとしても、それが報われるとは限らない。人並み以上の努力をしても、人並みの幸せすら得られないかもしれないのだ。まじめであればあるほど、自分で自分を責めてしまう。自分を裁いてしまう。実に報われない。

まじめさは、往々にして多数派と同じであろうとする。いわゆる「普通」であることが、すなわち「まじめ」であるということか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT