対話の現場/ふまじめのすすめ新しい対話的発想法

そういうときは、とりあえず「そんなこと、どうでもいいじゃないか」と投げ出してしまうとよい。自分自身も含めて、問題をすべて遠くに捨て去ってしまうのである。

そうすることで、肩の力が抜け、あらためて問題を客観的にとらえ直すことができる。そして何よりも、自分自身を客観的に見つめ直すことができる。「そんなことどうでもいいじゃないか」と投げ出してみると、意外と矮小な問題に悩んでいたことに気づいたりするものだ。

自他のあらゆる属性を対話において利用する

イベントの後半では、指定討論者として学生など数名が壇上に上がった。若者から意見や質問を募り、それをネタにして石田さんと私が論じるという趣向である。

ある男子学生から、「タテとヨコのコミュニケーションの違い」についての悩みが寄せられた。「タテ」とは、先輩や後輩のように、立場や年齢に違いのある同士のコミュニケーションのこと。「ヨコ」とは、同級生のように立場や年齢が同じ同士のコミュニケーションのことだ。

ここで、「先輩」「後輩」「同輩」と場合分けして、それぞれのコミュニケーション術について論じるのが一般的であるし、現実的であるのかもしれない。だが、対話論では、年齢の違いも、単なる他者との「違い」の一つにすぎないと考える。特別扱いはしないのである。

ただ、対話とは、年齢の違いを無視して、対等に話すための技術でもない。違いは違いとして意識し、戦略的に利用する必要があるのだ。

たとえば、相手が先輩で、その立場や年齢の違いを重視している場合、長上として敬うことが問題解決の早道ならば、そうすればよい。逆に、対等に接して怒らせることが問題解決の早道ならば、そうすればよい。ただそれだけのことだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。