熊本発、中国でぶっちぎりのラーメンチェーン

熊本発、中国でぶっちぎりのラーメンチェーン

大ニュースになることもなく、もてはやされることもない。それでも熊本発のラーメン店は、中国全土に根を張ろうとしている。経営戦略を現地陣に委ねる発想が、期せずして世界展開への道を開こうとしている。
(週刊東洋経済2月2日号より)

 中国を代表する金融街、上海・陸家嘴。国内外大手金融機関が数多く進出するこの界隈は、和洋中多彩なレストランが軒を連ねている。その中にあって、地元の若いホワイトカラーに圧倒的人気を誇るのが、日式、すなわち日本式ラーメンのチェーン店「味千拉麺」だ。昼どきには連日、若者の行列が延びる。

 店内に足を踏み入れると、朗らかな「イラッシャイマセ」の声が掛かり、豚骨スープの香りが鼻腔を満たす。チェーンを展開するのは味千中国控股(アジセン・チャイナ・ホールディングス)。熊本に本社を置き、九州を中心に「味千拉麺」(国内108店)をチェーン展開する重光産業が出資する日中合弁企業だ。中国で今、最も話題の日系企業の一つといっても、過言ではない。

中国外食企業初の株式上場、地元幹部の「勘」を生かす

 味千中国の店舗数は上海50店、深セン22店など沿海部を中心に現在212店。この1年、90店余りの高速出店で軽々と吉野家を抜き去った。営業利益率は約30%(2007年度中間期)と、日本本国の外食産業には類を見ない高収益体質だ。

「ラーメンという、日本で成長余地の乏しい分野で、中国市場を席巻している」。07年11月、米誌『ビジネスウィーク』の恒例「アジアの成長企業ランキング」で、トップ企業に選ばれたのが味千中国だった。

 売上高の伸びや資本利益率などを基に、中国、台湾、インドの電子・産業機械関連メーカーが上位を占める中、外食産業からランクインしたのは味千中国だけ。実は中国の外食チェーンで、国内外で上場したのは味千中国が初めて。07年3月の香港上場では、有望銘柄として初日終値は公募価格を3割上回った。

 一方、日本の重光産業自体は、店舗数はここ数年3~5%増止まり。2代目経営者の重光克昭社長は、「日本では個人経営のラーメン店がもてはやされ、チェーン店に大きなチャンスはない」と打ち明ける。

中国で個人消費は右肩上がりだが、日系企業の多くはこのうねりを完全にはとらえていないようだ。北京、上海に100店以上展開している吉野家が健闘しているくらいで、縮小・撤退組はもはや珍しくない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。