アナタの「質問」に、なぜ上司が辟易するのか

質問は「タイミング」と「形式」で印象が変わる

質問は「タイミング」と「形式」に気を付けましょう(写真:xiangtao / PIXTA)

仕事の最中に上司の意見を聞きたいと思い、質問に行ったら、「適当にやっておいて」「もう少し自分で考えてみて」などのそっけない返答をされたという経験はありませんか?

指示を仰ぎたいから質問したのに、答えをもらえるどころか、「そんなことを聞いてくるの?」と見下されたような対応をされれば、自分の評価が下がったような気もして嫌ですよね。

そんなことが何度か繰り返すうちに、だんだん質問しづらくなっていき、自分だけで問題を抱え込んでしまうようになるもの。そんな状況のままでいると、ひいてはトラブルを起こし、上司から「何で早く聞いてこなかったんだ!」と叱責されるような事態になることさえあります。

質問は「問題解決の手段」

どんな上手な質問にもあからさまにパワハラ的な態度で接してくる上司は例外とするとして、アナタの質問の仕方をちょっと変えるだけで、きちんと答えてくれるようにすることは可能です。

質問することは、仕事をしていく上でなくてはならない行為です。ですから、質問すること自体は決して悪いことではありません。それでも相手にそっけなくされる場合、その「仕方」に問題があるのです。質問をする際には、次のことをちょっと念頭に置いてみてはいかがでしょうか。

まず大切なことは、相手の時間を頂戴するわけですから、状況を把握し、質問をするタイミングを見計らうという点です。上司が出かける間際や退社間際に駆け込みで聞くということは、よほどの急ぎの案件でない限り避けたいものです。

次ページ「何のために聞くのか」を明確に
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。