究極の「ダメサイト」を築いた男の、苦節10年

デイリーポータルZ"変集長"、林雄司の考え方

「上司が代わる度に毎回資料をつくり直して説明しましたし、そうでなくても、年度が変わる度に上司からサイトの存在意義を書けと言われる。そこを乗り切っても、結局ずっとチクチク言われるんですけどね。

やっと『やめろ』と言われなくなったのは3年ぐらい前です。それまでの10年間は『何でやってるんだ?』と言われ続けていたので、今認められているのは、それはそれで気持ちが悪いですが(笑)」

結果が出るか出ないかではなく、結果が出るまでやるのが林さんの流儀。まさに、粘り腰の勝利だった。かくして、デイリーポータルZはニフティの顔とも言えるサイトとなったのである。

常識のほかに道があると、気が楽になる

はっちゃけたサイトを手がけている編集長は、終始照れ隠しの様子だったが、インタビューが終盤になるにつれ、コンテンツを愛する「仕事人」としての一面を見せはじめた。

「個人のサイトも、デイリーポータルZも、サイト作りは本当に真面目にやりましたね。眠くて意識が飛ぶギリギリまで仕事をして、起きて2分くらいでまたパソコンに向かって仕事するという生活でした。

編集部員が増えた今でも、そういう日はあります。まあでも特別なことではなくて、みんな、そうしているのではないですか?」

ここまで努力してから、組織に文句を言っている人がどれだけいるだろうか。むしろここまでやれば、組織も個人に文句を言わなくなるのではないだろうか。もっとも、場合によっては、10年間耐え忍ばなければならないこともあるかもしれないのだが……(笑)。

「それでも、個人的には『こういうのもありなのか』というやり方をもっと見せたいと思ってます。納豆は1万回混ぜてもいいし、自撮り棒は5メートルにしてもいい。真面目とか、常識のほかに道があると思うと気が楽になるので、そういう雰囲気を増やして、世の中をダメにしていきたいと考えています」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。