大塚家具、お家騒動は出来レースだった!?

中国バブルと大塚家具、2つの「俗説」を斬る

中国バブルの話は本文でしっかり読んでいただくとして、ぐっちーさんが気になったのは大塚家具だった

中国での株価の下落が急な動きになっています。すでに高値からは30%を超す下落を2週間ほどで演じており、政府が買い支え政策、取引停止措置など、さまざま対策を講じているにもかかわらず、なかなか止まる気配がありません。

中国株バブル崩壊は、むしろラッキーだったかも

これを書いている7月9日はさすがに反発しましたが、週末以降も油断禁物といったところです。上海総合指数は5000を超えるところまでわずか1年で行ってしまい(最高値は6月12日の5178.19)、それがあっという間に3000台なわけですから、半値になっても最早驚かないような動きですね。

この動きで中国経済がついに終わったとか、日本市場もインバウンド需要が激減し深刻な影響を受ける(要するに中国人の爆買いがなくなる)、などと某経済新聞を中心にすでにメディアは大騒ぎしていますが、いい加減にしてもらいたいものです。

これこそが、まさにバブルと呼ぶべきものであって、実体経済とは全く関係なく株価が上がり、しかもわずか1年で倍になってしまったようなものがあっという間に元の木阿弥になるなんてことは、われわれしょっちゅう経験してきたことですよね。むしろ、バブル期間がわずか1年で終わったのはラッキーだったかもしれない・・・と私は思っています。それだけ被害に巻き込まれる人が少ないですからね。

次ページバブルにもいくつかのパターンがある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。