社会人向け、短期でもできるフィリピン留学有効活用法 ~『フィリピン「超」格安英語留学』(最終回)

フィリピンでは大抵の語学学校が1日200~300分のマンツーマンレッスンを提供してくれます。250分の場合、授業は週5日あるので、1週間で1250分のマンツーマンレッスン。

中にはマンツーマンレッスンを1日400分受けられる学校もあり、その学校の場合では1週間で1600分のレッスンが可能です。1カ月間で6400分です。

しかも、フィリピンでは日常生活でも英語を使う必要があるために、授業中以外の時間でも英語を使うことが求められます。

そして費用は3食+宿泊施設も付いて10万~15万円程度です。

そう考えると日本で英会話スクールに通うのとでは、大きな違いがあることに気づいていただけることと思います。

実際にフィリピンには会社を休職して数カ月英語留学に来る人や、会社の研修として英語留学に来る人もいます。

もし、会社で許容してもらえる可能性があるのであれば、ぜひ数カ月の時間を充てたいところです。

とはいえ、多くの人が休職を選択できない状況下にあると思われます。

実はフィリピン英語留学ですが、1週間等の短期受け入れを行っている学校もあります。

有給休暇をうまく利用して、1週間単位でも留学をしてみてはいかがでしょうか?

その際にはできるだけ日本にいるうちに文法や英単語ボキャブラリーの予習は終わらせておき、1週間で何に集中的に取り組むかを意識して臨むことをお勧めします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT