プロゴルフは、高額賞金を引き下げるべきだ

豪華ではない大会でもファンが集まる理由

ゴルフファンは、トーナメントを観戦したいという意識がある。けれども、行こうと行動に起こすだけの動機づけが乏しい。フェイスブックに書かれていた女性の意見では、

「この前の中日クラウンズのときも、アテストが終わってクラブハウスに向かうときに、ギャラリーの方たちがサインや握手を求めても無視している選手がいました。それもたばこを持ちながら歩いていて、握手を求めても『たばこ持っているから』と言った選手がいたけど、右手がふさがっていても左手で握手できるじゃん、と思いました。これは全員じゃないですし、一生懸命に笑顔でファンサービスしてくれるプロだっていますよ」

とコメントがあった。

シニア選手だって、決して服装や態度が優等生であるわけではない。でもどこか安心感や親近感を感じさせるものがある。

賞金額を下げるべきかもしれない

賞金額が高いから、大会のフィールドが豪華で派手で、スタンドもたくさんあるから、ギャラリーが来るというイベントとしての成熟度とギャラリー数が、反比例している。グランド・ゴールドの大会では、スタンドもなければ、スコア速報ボードも少ない。不自由である。しかしレッスン会、試打会、即売会やB級グルメを楽しめる。

あえて皮肉を言うならば、洗練されたフィールドでは、洗練された選手の戦いが見たいのだろう。もう一度賞金額も下げ、レベルダウンしたフィールドで戦わせる必要があるのかもしれない。

週刊東洋経済 6月27日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。