ルール適合外品で「ゴルファーの夢」は叶う

当然、賛否両論はありますが・・・

もっと遠くへ飛ばしたい、と思うのは、人間の優先本能だという。車を走らせて、その前の車を追い越したいという気持ちと同じだという。

ゴルフは、より遠くへ、より正確に、さらにもう一つ、その距離範囲内にとどめるという難題を、14本のクラブを駆使して積み重ねてスコアを競うのだから、確かに厄介だ。そのうえ、ゲームは平均4時間ととてつもなく長い。その基本は、ルールで定められている中でゲームが行われる。

いまや300ヤードは平均値

ゴルフクラブの進化によって、飛距離は圧倒的に延びた。プロの世界でも、かつては300ヤードが目標だったものが、いま米ツアーでは300ヤードは平均値になっている。

ゴルフ用品は、R&Aのルールによって規制されている。かつてあまりに飛びすぎるので、単純にいえば、飛距離を抑える制限、つまり飛ばないクラブにした。その結果「もともと飛ぶゴルファーはより飛ぶけれど、そうでないゴルファーには恩恵が少ない」クラブになってしまったと倉本昌弘プロは言う。

次ページ競技には出られないけれども
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。