ルール適合外品で「ゴルファーの夢」は叶う

当然、賛否両論はありますが・・・

もっと遠くへ飛ばしたい、と思うのは、人間の優先本能だという。車を走らせて、その前の車を追い越したいという気持ちと同じだという。

ゴルフは、より遠くへ、より正確に、さらにもう一つ、その距離範囲内にとどめるという難題を、14本のクラブを駆使して積み重ねてスコアを競うのだから、確かに厄介だ。そのうえ、ゲームは平均4時間ととてつもなく長い。その基本は、ルールで定められている中でゲームが行われる。

いまや300ヤードは平均値

ゴルフクラブの進化によって、飛距離は圧倒的に延びた。プロの世界でも、かつては300ヤードが目標だったものが、いま米ツアーでは300ヤードは平均値になっている。

ゴルフ用品は、R&Aのルールによって規制されている。かつてあまりに飛びすぎるので、単純にいえば、飛距離を抑える制限、つまり飛ばないクラブにした。その結果「もともと飛ぶゴルファーはより飛ぶけれど、そうでないゴルファーには恩恵が少ない」クラブになってしまったと倉本昌弘プロは言う。

次ページ競技には出られないけれども
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。