調子のいいときこそ、クラブ選びをしよう

同じスイングを繰り返せる時にチェックを

この時期、ゴルフ場は濃淡さまざまな緑で彩られ最高に美しいですね。

さて、今日はゴルフクラブを買い替えるときの目安のお話です。毎年、各ゴルフメーカーから新モデルのゴルフクラブが発売され、ネットや雑誌に紹介記事がたくさん出ています。まず、クラブを変えるときに大事なのは、どんなクラブが自分に合うのか目安を持つことです。それには、自分のスイングの特徴を知ること。ゴルフショップでスイング解析機を使い、プロにスイング診断してもらうと、すごくいい参考になります。

クラブにはそれぞれスペックと呼ばれる仕様があります。そこで大事なのは五つ。1.シャフトの硬さ、2.キックポイント、3.クラブバランス、4.トルク、5.クラブ総重量です。

スペックによってどんな差があるのか

1.シャフトの硬さ RやS、Xなどで表示されます。スイング中、これが合わないといくらいいスイングをしてもいい弾道にはなりません。

2.キックポイント 先調子、中調子、手元調子の三つがあり、インパクトでのクラブフェースの戻り方に違いが出ます。つまり、ボールの当たるタイミングに差ができます。

3.クラブバランス D1とかC8などで表示されていて、ダウンスイングのときにシャフトのしなりを感じるようなバランスがいいです。

次ページ調子の悪いときに探すべきではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。