調子のいいときこそ、クラブ選びをしよう

同じスイングを繰り返せる時にチェックを

この時期、ゴルフ場は濃淡さまざまな緑で彩られ最高に美しいですね。

さて、今日はゴルフクラブを買い替えるときの目安のお話です。毎年、各ゴルフメーカーから新モデルのゴルフクラブが発売され、ネットや雑誌に紹介記事がたくさん出ています。まず、クラブを変えるときに大事なのは、どんなクラブが自分に合うのか目安を持つことです。それには、自分のスイングの特徴を知ること。ゴルフショップでスイング解析機を使い、プロにスイング診断してもらうと、すごくいい参考になります。

クラブにはそれぞれスペックと呼ばれる仕様があります。そこで大事なのは五つ。1.シャフトの硬さ、2.キックポイント、3.クラブバランス、4.トルク、5.クラブ総重量です。

スペックによってどんな差があるのか

1.シャフトの硬さ RやS、Xなどで表示されます。スイング中、これが合わないといくらいいスイングをしてもいい弾道にはなりません。

2.キックポイント 先調子、中調子、手元調子の三つがあり、インパクトでのクラブフェースの戻り方に違いが出ます。つまり、ボールの当たるタイミングに差ができます。

3.クラブバランス D1とかC8などで表示されていて、ダウンスイングのときにシャフトのしなりを感じるようなバランスがいいです。

次ページ調子の悪いときに探すべきではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT