調子のいいときこそ、クラブ選びをしよう

同じスイングを繰り返せる時にチェックを

4.トルク シャフトのねじれ具合です。スイング中シャフトのねじれがいちばん少ないのがスチールシャフト。それ以上に多めなのがグラファイトシャフト。グラファイトシャフトはねじれ具合の幅が広いです。

5.クラブ総重量 これはクラブ全体の重さ。18ホール振って最後まで振り切れる重さがお勧めです。プロとなれば、体調のいいときもそうでないときも1年間ツアーを通して、同じように振り切れる重さを選びます。目いっぱい振って振れる重さは選択しません。私は現役当時2割程度落としていました。

クラブを変えるときは調子のいいときにクラブを試すことです。調子の悪いときは、何が原因で調子が悪いのかわかりません。クラブが合っていないのか? 体調なのか? スイングがおかしいのか? 構え方が問題なのか? 原因が特定できないときにクラブを変えても迷うばかり。なので、絶対条件は調子のいいときに試すことです。

調子がいいと同じスイングでチェックできる

調子がいいときはスイングも安定しリズムもいい。スイングを同じようにリピートできるので、いろんな種類のクラブで打っても、合うか合わないかは一目瞭然です。スイングが安定しづらいアマチュアの方でもこの方法は同じです。いつものクラブで打った感覚が体に残っているので、試したクラブとの違いがわかりやすいのです。

さらに、今まで使ったクラブの中に「これはいい」という信頼の置けるクラブがあるはずです。そのクラブのスペックを調べて、それと同じスペックのものでドライバーからアイアンまで試してください。いい感触になる可能性大です。

週刊東洋経済 6月13日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT