ルール適合外品で「ゴルファーの夢」は叶う

当然、賛否両論はありますが・・・

今年、日本のゴルフ用品協会から、あえて「ルール適合外品の流通に関する対応」についてのリリースが流された。単純にいえば「ヘッドの反発性能の上限設定、ヘッド体積やクラブ長さの上限設定のように飛距離性能を制限する改定や、アイアンの溝断面形状規定変更のようにスピン性能を制限」している今のルールに則したクラブでなくても、販売していい。

ただし、競技には出れません、しかも、ちゃんとルール適合外品とわかるように区別して販売しなさい、ということだ。

面白いことに、このリリースにいち早く反応したのは、国内ではなく海外だった。

米国ではルール適合外クラブは販売していない

米国では、ルール適合外クラブの販売はしていない。なぜなら、ルールがあってのゲームだからという原則を貫いているからだ。ゴルフは、ほかのスポーツと違って、プロとアマのルールが同じなのだ。そのルールの中でゴルフを楽しみ、競技が実施される。本来ならば、もっと飛ぶ製品が作れるにもかかわらず、適合内にすると限界がある。アマチュアへの恩恵が少ない。

ならば、適合外にして、アマチュアゴルファーが恩恵を受けるであろう飛ぶクラブ、飛んで止まるアイアンを販売すれば、業界も潤うし、アマチュアゴルファーも喜ぶだろうということだ。

もちろん、これは競技には使えない。要するにエンジョイゴルファー向けということである。

これには当然、賛否両論がある。趣味のゴルフだから楽しみが増えるという意見と、ルールがあってこそ愉しめる、その中でどう努力と知恵を働かせるかが求められるのがゴルフなんだ、という意見。ちなみに、ルール適合外でゴルフボールを作れば、今の技術なら僕でも30ヤードは遠くへ飛ばせると言われた。うーん、それも魅力的なんだけどねぇ。

週刊東洋経済 3月28日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT