プロゴルフは、高額賞金を引き下げるべきだ

豪華ではない大会でもファンが集まる理由

日本プロゴルフ グランド・ゴールド選手権という大会があった。あまり聞き慣れない大会だけれど、れっきとした公式戦だ。位置づけとしては、日本プロ、日本プロシニアに続いて、60歳以上の選手によるグランド、そして68歳以上の選手によるゴールドの大会なのである。

実は、この大会は3年前から株式会社ゴルフパートナーをスポンサーにつけて、ギャラリーは入場料無料、食事券付きで実施した。大会は2日間。ちょうど男子レギュラーツアーは、茨城の宍戸ヒルズで日本ツアー選手権。女子ツアーは、新潟でヨネックスレディスが同時開催されていた。

注目選手がいなくても大人気

この大会の最終日(2日目・土曜日)のギャラリー数が、6093名。1日目が2801名で合計8894名が来場した。その2日目を比較すると、男子の日本ツアー選手権が、4956名。女子が、4859名だった。

もちろん、男子は3日目だし女子は2日目だから、単純な比較はできないけれど、それにしても、と思うのだ。このグランド・ゴールドの大会には、注目選手はいない。青木功、中嶋常幸が出場しているわけでもないし、50歳代のシニアも出場していないから尾崎直道や井戸木鴻樹もいない。にもかかわらずこれだけのギャラリーを集めてしまうのはなぜだろう。無料で食事券付き、という理由も確かに大きいが、それだけだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT