ゴルフ会員権、株高についていけない理由

平均価格は低迷だが、今後は2極化の動きも

ゴルフ会員権相場は低迷しているが、株高効果を追い風に、遅れて上昇する可能性も(写真:つぼ/PIXTA)

かつて株価との連動性が高いといわれたゴルフ会員権。が、アベノミクス効果で上昇傾向の続く株価に比べ、会員権相場は2013年後半以降、低迷してきた。

仲介最大手の住地ゴルフによると、会員権の全国平均価格は直近で120万円。2013年5~6月の136万円から1割強下落した。この間、日経平均株価は底堅く、2014年半ばから上昇基調に転じている。

所得税の「損益通算」の廃止で売り殺到

会員権相場の低迷には理由がある。含み損のある会員権の売却時に認められていた所得税「損益通算」の廃止と、消費増税の影響だ。

従来、個人がゴルフ会員権で譲渡損失を出すと、給与所得などと相殺する損益通算で所得税を節税できた。が、2013年末にそうした損益通算が廃止になるとの観測が浮上。実際に2014年3月末での廃止が決まり「売りが殺到した」(住地ゴルフの小林隆太郎社長)。

さらに同年4月からは消費税率がアップ。高額消費の対象であるゴルフ会員権にも影響を及ぼした。

現在、多くのゴルフ場は、GDOや楽天GORAなどの予約サイトから会員以外のビジターも予約できる。

それでも「土日はメンバー限定、あるいは優先というコースが少なくない。全国2300コースのうち、700~800コースがそれに該当する」(小林社長)。

次ページゴルフ場運営大手はどう動いた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。