ゴルフ会員権、株高についていけない理由

平均価格は低迷だが、今後は2極化の動きも

ゴルフ会員権相場は低迷しているが、株高効果を追い風に、遅れて上昇する可能性も(写真:つぼ/PIXTA)

かつて株価との連動性が高いといわれたゴルフ会員権。が、アベノミクス効果で上昇傾向の続く株価に比べ、会員権相場は2013年後半以降、低迷してきた。

仲介最大手の住地ゴルフによると、会員権の全国平均価格は直近で120万円。2013年5~6月の136万円から1割強下落した。この間、日経平均株価は底堅く、2014年半ばから上昇基調に転じている。

所得税の「損益通算」の廃止で売り殺到

会員権相場の低迷には理由がある。含み損のある会員権の売却時に認められていた所得税「損益通算」の廃止と、消費増税の影響だ。

従来、個人がゴルフ会員権で譲渡損失を出すと、給与所得などと相殺する損益通算で所得税を節税できた。が、2013年末にそうした損益通算が廃止になるとの観測が浮上。実際に2014年3月末での廃止が決まり「売りが殺到した」(住地ゴルフの小林隆太郎社長)。

さらに同年4月からは消費税率がアップ。高額消費の対象であるゴルフ会員権にも影響を及ぼした。

現在、多くのゴルフ場は、GDOや楽天GORAなどの予約サイトから会員以外のビジターも予約できる。

それでも「土日はメンバー限定、あるいは優先というコースが少なくない。全国2300コースのうち、700~800コースがそれに該当する」(小林社長)。

次ページゴルフ場運営大手はどう動いた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。