プロゴルファーのモチベーション「3.0」とは

優勝のための三つのモチベーション

4月に入り、ツアーもはや2カ月目。これまでのところ、優勝を争う実力差は肉薄しており、勝ちに向かう選手たちの表情や体全体からにじみ出るプレーは見応えいっぱいです。

さて、その優勝。人を優勝に駆り立てるモチベーションは何なのか? それについてのお話です。ある本を読んでいたら、モチベーションについて三つの動機づけがあると書いてありました。

モチベーション1.0。生存を目的とした行動。生きるための飲みたい、食べたいなど。モチベーション2.0。アメとムチ。報酬などに基づく外的動機づけです。モチベーション3.0。自分の内面から湧き出るやる気。内的動機づけです。この三つのモチベーションを提唱しているのがダニエル・ピンク氏。米国クリントン政権時代にライシュ労働長官の補佐官をされた方で、現在作家だそうです。

次ページ最高の「モチベーション3.0」とは?
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。