「うまいゴルフ」と「強いゴルフ」は違うもの

日本の男子ツアーが低迷している理由

マスターズが始まると、いよいよゴルフシーズン開幕だという気持ちになる。マスターズは、世界中をワクワクさせる魅力を持っている。

特に今年のマスターズでは、21歳の若者ジョーダン・スピースが64・66と、前半の2日間で14アンダーという驚異的なスコアで首位をリード。見ていて小気味良くさわやかで、久しぶりにグイグイと吸い込まれるようなゴルフが、試合全体の流れを牽引していった。

2日目に崩れるのが通例だが

過去の例から言えば、初日に64を出して優勝した選手はいない。いや、上位進出した選手もいない。むしろ2日目には崩れて、そのままズルズルと順位を落としていた。実は僕も、スピースは崩れるだろうと予想していた一人だった。でもそれは大きな間違いだった。いや僕には予想もつかないほどに彼は成長していたともいえる。

なぜスピースが崩れると思ったかというと、昨年最終日の土壇場で自滅し、優勝できなかった彼の姿がどうしてもダブっていたからだ。最終日にスコアを伸ばせず、バッバ・ワトソンに3打差逆転負けして2位タイに甘んじた。まさしく自滅だった。マスターズ、しかも20歳で初出場という彼のキャリアを見れば大健闘だった。でも、スピースは屈辱的敗退という意識が強かった。

次ページこの1年でどのような努力をしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT