「うまいゴルフ」と「強いゴルフ」は違うもの

日本の男子ツアーが低迷している理由

マスターズが始まると、いよいよゴルフシーズン開幕だという気持ちになる。マスターズは、世界中をワクワクさせる魅力を持っている。

特に今年のマスターズでは、21歳の若者ジョーダン・スピースが64・66と、前半の2日間で14アンダーという驚異的なスコアで首位をリード。見ていて小気味良くさわやかで、久しぶりにグイグイと吸い込まれるようなゴルフが、試合全体の流れを牽引していった。

2日目に崩れるのが通例だが

過去の例から言えば、初日に64を出して優勝した選手はいない。いや、上位進出した選手もいない。むしろ2日目には崩れて、そのままズルズルと順位を落としていた。実は僕も、スピースは崩れるだろうと予想していた一人だった。でもそれは大きな間違いだった。いや僕には予想もつかないほどに彼は成長していたともいえる。

なぜスピースが崩れると思ったかというと、昨年最終日の土壇場で自滅し、優勝できなかった彼の姿がどうしてもダブっていたからだ。最終日にスコアを伸ばせず、バッバ・ワトソンに3打差逆転負けして2位タイに甘んじた。まさしく自滅だった。マスターズ、しかも20歳で初出場という彼のキャリアを見れば大健闘だった。でも、スピースは屈辱的敗退という意識が強かった。

次ページこの1年でどのような努力をしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。