だからあの人はゴルフがなかなか上達しない

あふれかえるレッスンの理論、方法論

(写真:barelko_com / Imasia)

ゴルフのレッスンを受けたことはあるだろうか。「ゴルフを始めよう」「しばらくやめていたゴルフを再開しよう」「少しでもうまくなりたい」というような向上心が出ている時に、レッスンを受けるのは大事なことではある。

ただ、今のゴルフレッスンはさまざまな理論、方法論であふれかえっている。ゴルフ専門誌やレッスン書なども「こうすれば飛ぶ」とか「これで寄せる」とか、耳触りのいいキャッチコピーとともに「技術」が発信されているが、中身を見ると実は統一されたものがない。

自分に合っているレッスンかを見極めるのは難しい

筆者の経験から言っても、100人のプロゴルファーに聞けば、極端な話、100通りの技術理論がある。それで成功しているのだから、どれが正しいのかは決められない。レッスンを受ける場合は「自分に合っているのかどうか」を見定めるのがいちばん重要だが、これだけさまざまな情報の中から見つけ出すのは大変だ。レッスン料だって1回当たり数千円から会員制なら万円単位のおカネが必要なだけに、可能ならば自分に合うレッスンに一発で巡り会いたい。「レッスン渡り鳥」にはなりたくない。

日本プロゴルフ協会、日本ゴルフ場経営者協会、全日本ゴルフ練習場連盟の3団体は3月上旬、「ゴルフ市場再生活性化に向けた新たな提案」と題する提言書を公表した。現在、約1兆4000億円のゴルフ市場の規模を6000億円上積みしようというもくろみだ。

次ページゴルフ業界再生なるか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。