だからあの人はゴルフがなかなか上達しない

あふれかえるレッスンの理論、方法論

日本プロゴルフ協会には30年前から「基本ゴルフ教本」というものがある。ティーチングプロになるにはこれを丸暗記しなければ、試験に合格しない。内容は当時、スイングがきれいだと言われた100人のプロゴルファーのスイングを分析して、その平均値からつくられたというから「偏りがない」というのが売りだ。

一般ゴルファーも日本プロゴルフ協会に問い合わせれば購入できて、1冊2484円(税込)。このPGAメソッドをPGAゴルフアカデミーで「学んだ」「学び直した」ティーチングプロによって全国のゴルファーに伝えていこうとしていくワケだ。

レッスン界のパイオニアに倣えるか

日本のレッスンのパイオニア的存在が、先に日本プロゴルフ殿堂入りした陳清波氏。1960年代に「近代ゴルフ」を著し、世の中のゴルファーに絶大な支持を受けた。ゴルフをかじったことがある方ならご存知だろうが、まだレッスンという形でゴルフ技術の基本が確立されていなかった時代にアイアンショットで「ダウンブロー」という言葉を生み出し、今も定着している。

本人は「そんな英語はないんだけど、イメージとして作っちゃった」と笑っているが、このために当時のゴルフ場は、ダウンブローで打とうとするゴルファーで芝が相当削られたという。当時のゴルファーは迷わず「ダウンブロー」をやり、たぶん相当数の人たちがうまくいったのだろう。今では「基本」になっている。

現在のゴルフ理論氾濫状態の中で、残念ながら「はやりもの」はあっても、陳氏の技術論のように50年以上定着すると思われるものはあまり見かけない。PGAゴルフアカデミーの教えが「基礎」として、ゴルファーに「一発」で受け入れられるかどうか、正直、やってみないとわからない。

そう言っている筆者といえば、ゴルフを始めた直後にレッスン受けたことはあるが、しばらくご無沙汰している。ツアープロゴルファーのレッスンを新聞紙上で何度か書いてきたので、耳だけはツアープロ並み。それがうまくならない原因だと、内心では言い訳している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT