プロゴルファーのモチベーション「3.0」とは

優勝のための三つのモチベーション

では、この三つ、ツアー全37試合に出場できる条件の下、ツアープロに当てはめるとどうなるでしょうか。

まず、モチベーション1.0。目的が最低限の生活を維持していくためにゴルフをする、となると思います。予選通過ラインを行ったり来たり、あるいは予選落ちが続くと、かかる経費がすべて赤字となって累積します。

なので、何とか予選を通って賞金を少しでも獲得したいというところに大きな目的がいってしまいます。

モチベーション2.0。報酬などに基づく外的動機づけ。予選を通り、成績が上がれば上がるほど賞金は高くなり、がぜんやる気も高まります。

そして優勝をすれば世間での認知度も上がり、さらにプラスアルファのおカネを獲得するチャンスにも恵まれます。

たとえば用具契約やゴルフウエア契約など、企業との契約もあるかもしれません。賞金ランキング上位50人に入ればシード権が付与され、来年度の試合出場権が得られます。仕事場の確保ができて精神的にすごく安定します。

そして、それ以上のやる気を出すのがモチベーション3.0です。内的動機づけ。自分の内面から湧き出るやる気です。ピンク氏はそれを自主性、成長、目的と話しています。高いパフォーマンスを発揮するのは、心の底から欲する自発的な目的に向かってプレーしているときです。未到の記録挑戦はまさにこれだと思います。

また、トップを長く張る選手は、単に外的動機づけだけでは長い期間上位にとどまることは難しいです。

心の底から湧き出る自分の強い思い。そしてそれには自分自身のことはもちろん、それを超えた抽象度の高い目的も内包されます。それはプロ全体を代表する気持ち、あるいは業界全体、さらには日本のためと、自分の枠を超えています。だからコツコツ努力し続けられるし、かかる責任やプレッシャーと共存できるのです。

優勝は心の底から湧き出るモチベーションの最たるもの。それは見る人を感動させ、最高のプレーを実現できるものと確信いたします。

週刊東洋経済 4月25日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。