勝間和代は、どこに向かっているのか?

麻雀プロ試験に合格、ゴルフ本も出版

佐久間馨プロ(左)から週1回のレッスン、月1~2回のラウンドレッスンを受け始め、2年ほどで90台のスコアが出せるようになったという

2015年1月、麻雀のプロ試験に合格したというニュースが話題を呼んだ経済評論家の勝間和代氏。2月下旬には『頭だけで100を切るゴルフ』が出版されるなど、自らの新しい挑戦を積極的にアピールしている。当然、経済評論家という本業はどこへ?という疑問が沸いてくるのではないだろうか。そこで、「勝間和代は、どこに向かっているのか」を聞いてみた。

ゴルフを始めたきっかけ

上の画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

――「頭だけで100を切る」とは、ずいぶん刺激的なタイトルですが、そもそもゴルフをするようになったきっかけは。

以前、秋元康さんに「専門外のこと、たとえばゴルフを始めて1年で100を切るみたいな本を書いたら」と言われていたこともあり、2012年から本格的に始めました。最初は練習していてもまったく面白さを感じませんでしたが、知り合いに「コースに出ようよ」と誘われて行ったら、気持ちがよくて。

ただ何回かプレーして、このままでは100切りはないだろうと、近所のゴルフスタジオでレッスンを受けたんです。するとタイガー・ウッズのスイングと比較して説明するので「これはおかしい」と思って。積ん読していたゴルフ本とDVDを一気に見て、レッスンに関しては中井学さんと佐久間馨さんの教えが理にかなっていると思いました。

次ページ1年ぐらいで90台が出せるように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT