進化中のゴルファーは、言い訳なんかしない

松山英樹は今、太く逞しく進化中

米国のPGAツアー(米ツアー)において、松山英樹は、マスコミやアナリストの間でかなり評価が高い。最近では、単にコメンテーターの主観だけでなく、距離ごとにショット分析をするなど、データがあふれていて、それらの根拠を基に評価している。

データでみる松山英樹の優秀さ

たとえば、松山は2014年シーズンで、200ヤードからのショットでは、その正確さは2位にランク。175~150ヤード、そして100~125ヤードでは両方とも1位にランクされている。それだけグリーンをとらえる技量が高い。

世界ランキングでも、ソニー・オープン終了時で13位(その前週までは10位)に位置していて、メディアやコメンテーターたちが、2015年では、22歳でメジャータイトルを取れる確率が高い、とコメントしている。

すでに昨年のメモリアルで初優勝し、米ツアーメンバーの中で注目に値する選手になった。今年に入って初戦となったヒュンダイ・チャンピオンズ選手権でも、優勝に1打足りずに3位タイとなったけれど、その成長ぶりをたっぷりと見せてくれた。

次ページ松山選手のコメントとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。