進化中のゴルファーは、言い訳なんかしない

松山英樹は今、太く逞しく進化中

米国のPGAツアー(米ツアー)において、松山英樹は、マスコミやアナリストの間でかなり評価が高い。最近では、単にコメンテーターの主観だけでなく、距離ごとにショット分析をするなど、データがあふれていて、それらの根拠を基に評価している。

データでみる松山英樹の優秀さ

たとえば、松山は2014年シーズンで、200ヤードからのショットでは、その正確さは2位にランク。175~150ヤード、そして100~125ヤードでは両方とも1位にランクされている。それだけグリーンをとらえる技量が高い。

世界ランキングでも、ソニー・オープン終了時で13位(その前週までは10位)に位置していて、メディアやコメンテーターたちが、2015年では、22歳でメジャータイトルを取れる確率が高い、とコメントしている。

すでに昨年のメモリアルで初優勝し、米ツアーメンバーの中で注目に値する選手になった。今年に入って初戦となったヒュンダイ・チャンピオンズ選手権でも、優勝に1打足りずに3位タイとなったけれど、その成長ぶりをたっぷりと見せてくれた。

次ページ松山選手のコメントとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。