進化中のゴルファーは、言い訳なんかしない

松山英樹は今、太く逞しく進化中

その翌週、苦手なソニー・オープン・イン・ハワイで彼は、予選通過したものの3日目にMDF(made cut did not finish=3日目カット)で、またもや敗退した。

そのときのコメントで「相性が悪いというよりは、そこに打っていく力がないというほうが正しいと思う」と語った。

実は、このコメントはなかなか選手の立場では言わない。僕が海外でよく耳にしたのは、そのほとんどが言い訳コメントだった。「まだ日本ではシーズンが始まっていないので……」「まだ調整中」「相性が悪い」「もう少しショットがよかったら……」、こんな内容ばかりであった。

グイグイと進化している途中

松山のコメントは、自分自身をしっかりと追い込んで、何が悪かったのか、何が足りなかったのかを認識したものだと思う。こういうコメントを吐く選手はそのとき、グイグイと進化してスキルを上げていく途中にあるのだ。

昨年末、青木功プロ生活50周年のパーティに松山も参加していた。そのときに、ちょっと立ち話をした。「胸板が、すごく分厚くなったね」と言うと、うれしそうな笑顔で「ええ、鍛えています」と言った。ついつい僕は「今の努力とか精進は、つらくも苦しくもないからね。当たり前のことだって平気な顔していればいいよ」と言ってしまった。そして「なぜなら、君には、しっかりとした目標と夢がある。それも大好きなゴルフで……。それは苦しみではなく、達成のために通る道だから」と言うと、「はい。大丈夫です。自分でも、そう思っています」と答えた。

松山は、さらに野太くなっていた。米ツアー、そしてマスターズやメジャーでの活躍がますます楽しみになった。

週刊東洋経済 2月14日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。