青木功、「70歳には70歳のゴルフがある」

心新たに51年目の挑戦

新年おめでとうございます。

今年もどうぞよろしく。皆様にとって今年がいい年でありますよう願っています。

自分にとっても今年はプロ入り51年目の年。昨年、多くの方々にプロ入り50周年を祝っていただき、ありがたく思っていますが、今年も心新たにゴルフの道を歩みたいと思っております。

いいゴルフをしようとする競争心は、まだまだ衰えず、欲張りな男ですが、プロ入り以来、昨年のようにひざのケガで5カ月間もゴルフをしないことは初めて。

そのケガで再認識したのが、当たり前のことですが日頃の体作りです。体にチョット気掛かりなところがあると体は自然に、そこをかばおうとする。同じようにボールを打ってもイメージどおりの距離が出ないのです。

ボールは体全体で打て

小さなボールですが体全体で打っている、言い換えれば、ボールは体全体で打てということ。

プロの競技は、ショットの横のブレよりも縦のブレを意識しないとスコアがまとまりません。ピンの手前につけようとすると奥まで飛んでしまう。その逆もありますが、こうなると、次のパットが難しくなるのは当然です。

次ページ欲が大きな夢を育てることに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。