アーノルド・パーマーは、別格の存在だった

1960~70年代のビッグスリー

アーノルド・パーマーは別格だ(写真:ロイター/アフロ)

2014年、プロ生活50周年を迎えたとお伝えしましたが、その50周年特別番組をテレビ朝日が作ってくれまして。1月の末に放送されましたが、見てくれた方もいますかね。

番組には、米国ツアーで3勝もした丸山茂樹、それに、今、米国ツアーを戦っている石川遼が出演してくれ、沖縄のコースでアプローチやバンカーショットなど、3人で技を競ったんですけど、負けず嫌いはいくつになってもおんなじ、最後に長いパットを決めて自分が勝ったときは、試合と同じようにうれしかったね。遊びのような競技だからまあ、いいや、雨の日だから、まあ、いいや。この「いいや癖」がつくと、人は弱いもの、何でも理屈をつけて楽をしたくなる。プレッシャーから逃げたいんだね。プロゴルファーである以上、何事にも全力で立ち向かう、この姿勢は貫きたいですな。

青木功は、今、誰に会いたいか

この番組の中で、「青木功は、今、誰に会いたいか」、そんなコーナーがありまして。真っ先に、名前を挙げたのがアーノルド・パーマー、そしてジャック・ニクラス、この二人でしたね。番組はそれを受け入れてくれて、私はアメリカまで二人に会いに行って、感激の時間を過ごさせていただきました。

次ページ1960~70年代のビッグスリー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT