アーノルド・パーマーは、別格の存在だった

1960~70年代のビッグスリー

アーノルド・パーマーは別格だ(写真:ロイター/アフロ)

2014年、プロ生活50周年を迎えたとお伝えしましたが、その50周年特別番組をテレビ朝日が作ってくれまして。1月の末に放送されましたが、見てくれた方もいますかね。

番組には、米国ツアーで3勝もした丸山茂樹、それに、今、米国ツアーを戦っている石川遼が出演してくれ、沖縄のコースでアプローチやバンカーショットなど、3人で技を競ったんですけど、負けず嫌いはいくつになってもおんなじ、最後に長いパットを決めて自分が勝ったときは、試合と同じようにうれしかったね。遊びのような競技だからまあ、いいや、雨の日だから、まあ、いいや。この「いいや癖」がつくと、人は弱いもの、何でも理屈をつけて楽をしたくなる。プレッシャーから逃げたいんだね。プロゴルファーである以上、何事にも全力で立ち向かう、この姿勢は貫きたいですな。

青木功は、今、誰に会いたいか

この番組の中で、「青木功は、今、誰に会いたいか」、そんなコーナーがありまして。真っ先に、名前を挙げたのがアーノルド・パーマー、そしてジャック・ニクラス、この二人でしたね。番組はそれを受け入れてくれて、私はアメリカまで二人に会いに行って、感激の時間を過ごさせていただきました。

次ページ1960~70年代のビッグスリー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。