ゴルフ会員権、株高についていけない理由 平均価格は低迷だが、今後は2極化の動きも

印刷
A
A

パブリックコースを中心にビジターでも予約しやすいコースを売りにしてきたゴルフ場運営大手でも、会員募集に力を入れる動きが出ている。

全国で128コースを運営するPGMホールディングスは、これまで43コースで補充会員を募集してきた。この4月からはさらに27コースで補充募集を始め、パブリックの1コースも会員制に変えて新規募集を開始した。

田中耕太郎社長はこう説明する。「東日本大震災のとき、原発風評被害でほとんどお客様のいなくなったコースもあった。しかし、会員制コースには、こういうときこそプレーしようと、会員が率先して来てくれた」。

135コースを運営するアコーディア・ゴルフも約100コースで会員権を補充募集中だ。両社とも補充募集の会員権は平均相場よりさらに安く、30万~50万円前後が中心。「会員なら土日でもプレー料金はキャディーレスの食事付きで6000~7000円。シーズンによっては、ビジターだと土日で1.5万~2万円にもなり、差は大きい」(アコーディアの渡邊真司・執行役員営業本部長)。つまり、週1回プレーすれば1年で取り戻せる価格設定を打ち出す。

上昇する場合は高額会員権から

運営会社側が補充募集に力を入れる中、会員権相場はどうなるのか。「富裕層は株高の資産効果があるので、これから上昇する可能性はある。そのときは、高額会員権から上がるだろう」と住地ゴルフの小林社長は見ている。

同じ会員権といっても、運営大手が補充募集する数十万円のコースと、数百万円以上の高額コースとでは、相場が異なる動きをする局面もありそうだ。

「週刊東洋経済」2015年5月23日号<18日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT