アラサーのための戦略的「人生相談」--自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)


広瀬 一郎

■■第15回・最終回 自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)

高田昇・仮名 30歳 広告代理店


広瀬:前回も述べたように、冷静に対処するためには、つねに「自分自身を把握する」必要があります。では、どのように自己を把握するのか? 最初に「自分とは何か」ということを考えてみましょうか。

高田:哲学的ですね。

広瀬:「自分とは何か?」という問いかけは、哲学そのものですよ。

現代哲学は「時間と自己」を考えることからスタートしました。ただ、「自分とは何十億個の細胞によって構成されて……」というような生物学的、あるいは物理的な問題とは違います。世の中には科学と哲学がありますが、「どういうふうに生きるか」を問うのは、まさに哲学の問題です。

簡単に言うのは危険ですけど、「自分とは、自分としての行動のこと」と考えてもいいでしょう。

「好きな飲み物を飲む」という行為も自分です。それらの行動を決定する要因が必ずあるはずです。それを「行動規範」と言います。

たとえば、何か飲もうとすると、そこにジャスミンティーとミネラルウォーターがある場合、どちらを飲むかという判断をしますね。テレビを見るときに、ニュースを見るのか、それともお笑いを見るのか、ドラマを見るのか、どれを優先するかは、自分の価値観によります。それで具体的な行動が決まります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。