アラサーのための戦略的「人生相談」--自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)


広瀬 一郎

■■第15回・最終回 自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)

高田昇・仮名 30歳 広告代理店


広瀬:前回も述べたように、冷静に対処するためには、つねに「自分自身を把握する」必要があります。では、どのように自己を把握するのか? 最初に「自分とは何か」ということを考えてみましょうか。

高田:哲学的ですね。

広瀬:「自分とは何か?」という問いかけは、哲学そのものですよ。

現代哲学は「時間と自己」を考えることからスタートしました。ただ、「自分とは何十億個の細胞によって構成されて……」というような生物学的、あるいは物理的な問題とは違います。世の中には科学と哲学がありますが、「どういうふうに生きるか」を問うのは、まさに哲学の問題です。

簡単に言うのは危険ですけど、「自分とは、自分としての行動のこと」と考えてもいいでしょう。

「好きな飲み物を飲む」という行為も自分です。それらの行動を決定する要因が必ずあるはずです。それを「行動規範」と言います。

たとえば、何か飲もうとすると、そこにジャスミンティーとミネラルウォーターがある場合、どちらを飲むかという判断をしますね。テレビを見るときに、ニュースを見るのか、それともお笑いを見るのか、ドラマを見るのか、どれを優先するかは、自分の価値観によります。それで具体的な行動が決まります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT