「1枚1207円」吉野家の鰻重が"高め"でも人気な訳 でかい・厚い・うまい!をかなえるこだわりとは?

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
でかいだけでなく「厚い」鰻。吉野家が誇る、いぶし銀メニューを取材します(筆者撮影)/配信先サイトでは画像をすべて見られない場合があります。本サイト(東洋経済オンライン)内でご覧ください
この記事の画像を見る(9枚)
「このメニュー、そこまで有名ではないけど自分は好きだなあ」「定番や看板ではないかもしれないけど、好きな人は結構多いと思うんだよな……」──外食チェーンに足を運ぶと、そう思ってしまうメニューが少なからずあります。店側はどんな思いで開発し、提供しているのでしょうか。
人気外食チェーン店のすごさを「いぶし銀メニュー」から見る連載。今回は牛丼チェーン・吉野家の「鰻重」を取り上げます。

牛丼御三家で唯一、通年で「鰻」を提供

飲食チェーンには「代名詞」「定番」というべきメニュー以外にも、知られざる企業努力・工夫を凝らしたものが数多く存在します。本連載では、そうした各チェーンで定番に隠れがちながら、根強い人気のある“いぶし銀”のようなメニューを紹介していきます。

今回のテーマは、吉野家の「鰻重」です。松屋・すき家と合わせて「牛丼御三家」の一角を担う吉野家ですが、現時点で3社のうち唯一、鰻メニューを通年で展開しています。

牛丼チェーンとして老舗の吉野家。鰻メニューを通年で提供しています(筆者撮影)

鰻重(一枚盛り1207円)を筆頭に、「鰻皿」(同1108円)、「鰻重牛小鉢セット」(同1524円)をラインアップする吉野家。一方で、一番人気のメニューはやはり牛丼です。豊富なサイズ展開やトッピングメニューを展開しており、絶対王者ともいうべき立ち位置を築いています。

次ページ第2の柱となるべく注力しているメニュー「から揚げ」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT