有料会員限定

目前に迫る物流業界「2024年問題」の深刻度 対策しなければ必要な荷物が届かなくなる

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

社会問題化は不可避だ。

サービスエリアに駐車するトラック
ドライバーの労働環境を改善するための規制だが、現場の混乱は必至だ(撮影:今井康一)

特集「2024大予測|産業・企業編」の他の記事を読む

鳴動する政治。終息しない戦乱。乱高下する市況。その先にあるのは活況か、暗転か――。
『週刊東洋経済』12月18日発売の新春合併特大号の特集は「2024年大予測」。世界と日本の行方を総展望する。
週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)』。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

深刻な人手不足と何度もいわれながら、これまでは「どこかの誰か」が必ず荷物を運んでいた。それが、本当に運べなくなる危機が目前に迫っている。

「2024年問題」とは、労働力不足を理由に時間外労働の上限規制が例外的に猶予されてきた業界でも、24年4月以降に適用されることに伴う問題を指す。物流、建設、医療といったそれらの業界の中で、とくに企業活動や消費生活に影響するのが物流業界だ。

物流では24年4月からドライバーに年960時間の残業上限が適用される。また、厚生労働省がドライバーの拘束時間などを定めた「改善基準告示」を改正・施行し、拘束時間の制限などを強化する。

30年には約34%の荷物が運べなくなる

労働時間や拘束時間が短くなり、より多くの人員が必要になる。そのため長距離トラックドライバーを中心に人手不足が加速し、荷物が運べなくなるおそれがある。

対策を行わなければ、24年には約14%、30年には約34%の荷物が運べなくなるとみられている(国の「持続可能な物流の実現に向けた検討会」の試算)。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2024大予測|産業・企業編
対策しなければ必要な荷物が届かなくなる
月当たり総労働時間が一般産業より2割長い
電機大手各社は再編後の成長戦略がカギに
マルチモーダル、太陽電池、冷凍おにぎり・・・
客数回復や値上げが追い風も販売動向に陰り
イオン、ライフ、ヤオコー、ベルクは"勝ち組"
投資規律は厳格化、「生成AI革命」で反転攻勢へ
グーグル「Bard」、アンスロピック「Claude」…
2023年の主役はマイクロソフト。24年は?
同年終わり頃にはTSMC熊本工場も稼働へ
2024年は「預金争奪戦」が勃発する可能性も
マネックス、楽天…… 再編の動きが活発化
ビッグモーター問題で"顧客軽視"が浮き彫りに
トヨタ、ホンダ、マツダは23年度上期に最高益
社長交代、新型EV投入、ギガキャスト検討……
残業時間の上限は"過労死ライン"の960時間
24年の報酬改定は大幅引き上げも「まだ足りぬ」
IEAとOPECの需要見通しには「大きな乖離」
伊藤忠はビッグモーター買収を検討、三菱は?
2024年も東京・大阪で大型ビルが続々開業
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内