有料会員限定

トンネル脱しつつある鉄道業界の「明るい話題」 東海道新幹線はコロナ禍前の94%まで復活

✎ 1〜 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 35 ✎ 最新
拡大
縮小

人の動きが再び活性化。

北陸新幹線の敦賀駅
3月に延伸開業する北陸新幹線の敦賀駅(写真:JRTT鉄道・運輸機構)

特集「2024大予測|産業・企業編」の他の記事を読む

鳴動する政治。終息しない戦乱。乱高下する市況。その先にあるのは活況か、暗転か――。
『週刊東洋経済』12月23-30日 新春合併特大号の特集は「2024年大予測」。世界と日本の行方を総展望する。
週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)』。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

利用低迷のトンネルを脱しつつある鉄道業界。新型コロナウイルス感染症の5類移行によって人の動きが再び活性化し、JRや大手私鉄各社の利用者数は回復が進む。

2024年は久々に明るい空の下を快走する年となりそうだ。ただ、地方路線の苦境など楽観視はできない。

一時期はコロナ禍前と比べて6割程度まで落ち込んだ鉄道の利用者数は23年に入って大幅に回復。例えば23年10月の東海道新幹線は18年度比で94%まで復活した。

JR、大手私鉄ともに目立つのは定期外客の復調だ。国土交通省の「鉄道輸送統計年報」などによると、定期外客は23年8月時点で19年度月平均の97%程度まで戻った。24年は「19年度と同水準か、それを上回る可能性は十分ある」(関東大手私鉄)との見通しを示す会社もある。

訪日外国人客が戻ってきた

沿線客のレジャー需要などの回復に加え、訪日外国人観光客が戻ってきたことも要因だ。例えば京急電鉄の羽田空港第1・第2ターミナル駅、第3ターミナル駅の利用者数はすでに19年度を上回っている。コロナ禍前にインバウンド需要の主体だった中国からの観光客回復が進めば、訪日客による利用はさらに伸びるだろう。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2024大予測|産業・企業編
対策しなければ必要な荷物が届かなくなる
月当たり総労働時間が一般産業より2割長い
電機大手各社は再編後の成長戦略がカギに
マルチモーダル、太陽電池、冷凍おにぎり・・・
客数回復や値上げが追い風も販売動向に陰り
イオン、ライフ、ヤオコー、ベルクは"勝ち組"
投資規律は厳格化、「生成AI革命」で反転攻勢へ
グーグル「Bard」、アンスロピック「Claude」…
2023年の主役はマイクロソフト。24年は?
同年終わり頃にはTSMC熊本工場も稼働へ
2024年は「預金争奪戦」が勃発する可能性も
マネックス、楽天…… 再編の動きが活発化
ビッグモーター問題で"顧客軽視"が浮き彫りに
トヨタ、ホンダ、マツダは23年度上期に最高益
社長交代、新型EV投入、ギガキャスト検討……
残業時間の上限は"過労死ライン"の960時間
24年の報酬改定は大幅引き上げも「まだ足りぬ」
IEAとOPECの需要見通しには「大きな乖離」
伊藤忠はビッグモーター買収を検討、三菱は?
2024年も東京・大阪で大型ビルが続々開業
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内