ブラジャーの常識を壊したヌーブラの超発想

ユーザーの「矛盾する願い」をかなえよ!

そこには、本格的なトレーニング器具も大規模スタジオもありません。会員もスタッフも女性のみで、鏡はありません。化粧をして行かなくてもいいのです。カーブス創業者は3Mといっています。“No Man”“No Mirror”“No Make up”です。

フィトネスクラブには本格的なトレーニング機器、大規模スタジオ、鏡などを備える必要があるという固定概念を覆し、手軽なトレーニング機器、小さな室内、鏡のない空間を創り出すことで、トレードオフを越えています。

混雑するレッドオーシャンから抜け出せ!

前回、アキレスという企業の商品である「瞬足」の事例をお伝えしましたが、この靴は通常150万足でヒットと呼ばれる中で、2009年から年間600万足以上売れ続けており、発売開始から11年で累計5000万足以上を売り上げています。

「カーブで転ばない」と「全力で走る」ことの間には、どちらかを実現しようとすると一方が実現できなくなるという、「トレードオフ・ライン」が存在しており、従来の靴はすべてトレードオフ・ラインの内側に点在していました。どの靴も同じような位置に置かれ、まさにレッドオーシャン(競争が激しい既存市場)の状態です。

混雑するレッドオーシャンから抜け出せない要因は、「靴のソールは左右対称なものだ」という、同じ前提に基づいて作られていたためです。カーブでは左右にかかる圧力は異なるにもかかわらず、左右対称のソールが採用されていたのです。

それに対して「瞬足」は、靴のソールに対する作り手の固定概念を覆して、左右非対称ソール(左足の外側、右足の内側に滑り止めを多く配置したソール)を採用しました。これによって、多くの保育園の園庭や小学校の校庭で採用されている左回りのトラックで、遠心力に負けず、滑らずに走り抜けられように設計されています。ブルーオーシャン(競争がない未開拓市場)を創り出し、ヒットにつながったのです。

イノベーションの起こる原理は、だんだんと理解できてきたと思います。では、イノベーションを起こす革新的な商品を、市場にそのまま投入してもよいものでしょうか。革新的な商品だったけれども、一部の「新しいもの好き」にしか買ってもらえず、消えていった商品はたくさんありますよね。「画期的」をどう理解してもらうかが、ビジネスの成功のカギとなります。次回はここをテーマにしたいと思います。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?