(新連載・第1回)条件が変わったのに考え方はもとのまま


円安・金融緩和政策からの脱却が必要

企業がグローバルな観点から海外移転する動きは、震災前から進んでいた。図に見るように、海外設備投資は2010年夏から急増していたが、10~12月期の前年同期比は、45・7%増という驚異的な値になった。アジア地域は64・9%増だ。

この動きは円高によるものだが、震災による条件変化が海外移転を加速させるだろう。電力供給の不確実性のために輪番休業というような不自然な操業体制を強要すれば、国内での生産活動には大きな障害が出る。さらに今後、電力料金が上がり、復興投資によって金利が上がれば、国内での生産や投資はますます不利になる。また、こうした分散化はリスク対処のためにも必要である。

したがって、震災で損壊した生産設備を国内でなく海外に再建するのは、ごく当然の方向だ。また、海外のOEM(相手先メーカーによる生産)メーカーやファウンドリー(半導体チップの生産工場)への委託も増えるだろう。国内生産が減少して輸入を増加させることになれば、貿易収支の赤字は長期的に定着する。

ところで、輸入の重要性が増せば、為替レートは円高になったほうがよい。そのほうが安く買えるからである(正確にいえば、日本人が1時間働いて輸入できる財の量が増える。つまり日本人はより豊かになる)。

このこと自体はこれまでと変わらない。だが、これまでは輸出企業の利益が円高によって減ることから、「円高は望ましくない」という意見が支配的だった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT