「留学すれば何とかなる」は、100年時代遅れ

グローバル人材が本当に大切にするべきこと

留学すればグローバルに活躍できる……それってホント?(写真:KAORU / PIXTA)
26歳でイギリスのケンブリッジ大学物理学部に留学し、博士号を取得、“Nature Materials”に論文を載せるなど物理学者としての実績を上げながら、現在はオックスフォードで近代日本社会の研究に取り組み、特に教育社会学を学ぶ。地元鹿児島では起業家として教育系NPO法人を設立中。本連載では、領域を超え多岐にわたって活動する30歳・岡本尚也氏が、英国2大名門校、いわゆる「オックスブリッジ」での体験を基に英国流の「知」を語る!

 

前回まではケンブリッジ、オックスフォードの友人たちから得た気づきをとっかかりに日本社会に関する考察をしてきたが、少し目先を変えてみよう。今回は、最近の留学ブーム、グローバル教育ブームの問題点について考えたい。遣隋使にまでさかのぼる留学の歴史、日本一有名なバスケ漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』のワンシーンや、私がこの春の休暇で一時帰国した際に地元・鹿児島での“日常”から得たものも挙げつつ、話を進めていこうと思う。

さて、近代日本において、教育は国が発展するためのツールと見なされてきたが、それゆえ国がおかれている状況がどのようなものかによって、そのあり方は大きく変わる。戦後から1980年代まで、日本は世界中で賛美され、“Japan as Number One”(Ezra Vogel, 1979)という本が海外でベストセラーになったりもした。

経済成長の担い手となった人々を育んだということで、日本の教育も称賛を浴びた。しかし、経済の先行きが不透明になるや、今度は状況を打開すべく教育改革が繰り返されるようになり(経済状況の悪さは教育の悪さが基になっている、とする風潮もある)、その流れのまま、グローバル時代に合わせた人材育成がうたわれ、留学の斡旋が盛んに行われているのが今だ。

「留学」と「競争力」は直接的には結び付いていない

最近の日本では、グローバル社会を生き抜くための「グローバル教育」に大きな予算が組まれている。“日本の国際競争力の向上”を目的に含む政策だが、国がどういう状態になればグローバルなのか、マクロな指標は何なのかという疑問は尽きない。

そもそもグローバルの波の中で斡旋されている「留学」と「競争力」は直接的には結び付かないし、他国と競争するなら、たとえばIT教育の強化のほうがわかりやすい成果につながるかもしれない。

次ページ今と昔では、留学の意味がまったく違う!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT