英国で緊急討論! 「告白」は気持ち悪い?

白黒させること、させないこと両方の意味

 
 
英国名門大学カレッジのパーティとは?(右端が筆者)
26歳でイギリスのケンブリッジ大学物理学部に留学し、博士号を取得、“Nature Materials”に論文を載せるなど物理学者としての実績を上げながら、現在はオックスフォードで近代日本社会の研究に取り組み、特に教育社会学を学ぶ。地元鹿児島では起業家として教育系NPO法人を設立中。本連載では、領域を超え多岐にわたって活動する30歳・岡本尚也氏が、英国2大名門校、いわゆる「オックスブリッジ」での体験を基に英国流の「知」を語る!

 

前回は、オックスフォード大学で幕末日本を研究するアメリカからの留学生の友人との対話から垣間見えた日本社会の疑問点と可能性について書いた。今回はケンブリッジ時代にできたチリ人の親友、アニバル・ゴンザレス(Anibal Gonzalez)から得た学び、彼との思い出、そして日本と世界各国の恋愛の違いについて書いていきたい。

出会った次の日、「いい所に連れて行ってやる」

アニバルとの出会いは、ケンブリッジの研究室でのことだった。同じグループで同じオフィス。出会ってすぐに南米特有の明るいノリで話しかけてきた彼は、ものすごい勢いで自分自身について語り、その勢いのままに、僕のこと、日本のことについて質問を浴びせてきた。スペイン語訛りの強い英語で、当時は何を言っているのかよくわからなかったが、どうやらアジア系の女性が好みだということはよくわかった。

そして出会った次の日、アニバルに「いい所に連れて行ってやる」と誘われ、初対面のインド人の女の子と共に連れ出された。どこに行くのかは、何度聞いてもよくわからない。大丈夫か?? と思いながらついていくと、たどり着いたのは大学の美術館(比較的大きな規模で著名画家の作品もある)だった。美術品を見ながらお酒を飲むという、何とも優雅なパーティが行われるらしい。

おお~、ケンブリッジらしい! と思ってお礼を言うと、「じゃ、楽しんで」とアニバルは笑顔を振りまきながら群衆の中に消えて行った。「は? いきなり放置?」。インド人の女の子と顔を見合わせると、アニバルの笑い声が遠くから聞こえてきた。しょうがなく、初対面だが友達のいない者同士の2人で回って、それなりに美術館見学などを楽しみ、帰宅した。

次ページ彼もほかに友達がいたわけではなかった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。