夏太りに効く簡単なダイエット法があった!

まずは「ツボ」と「姿勢」で食欲を抑制

初夏のような陽気になると、食欲がわくのはナゼ?(写真:xiangtao / PIXTA)

『このごろ、なぜか食欲が増すばかり。原因は不明だけど、これ以上はヤバイ。なんとか食欲を撃退したい!』

初夏の陽気で薄着になると、腹部や二の腕などの脂肪がタプタプ。まさに薄着の大敵だ。ピタッとした服装でバシッと決めようとすれば、余分な肉がますます気になる。慌てて運動や食事制限といったダイエットを行うのだが、なぜか食欲は衰えるどころか、かえって増すばかり。実は、今の時期は減量に取り組みにくい身体の仕組みがあった。

食欲がありすぎて太ってきたら、薬指をさわれ!

さまざまなダイエット法で定評を持つ「アスカ鍼灸治療院」(東京都品川区)の福辻鋭記院長が警鐘を鳴らす。

「気温が上昇するにつれて、体内では副交感神経という自律神経のひとつが、優位に働きやすくなります。寒い時期は、体温を上げるために、もうひとつの自律神経である交感神経が優位になり、血圧も上昇し、代謝も活発になります。しかし、温かくなって副交感神経が優位なると、血圧が下がり代謝が落ちるだけでなく、胃腸などの消化器系が逆に活発に働くようになるのです。そのため、食欲は増しやすく、ダイエットを行いにくい。そのようなときには、交感神経を優位にするため、薬指のツボを押すのが効果的です」

次ページ薬指のツボとはどこのこと?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。