ジメジメ梅雨に「咳が止まらない」は要注意

最悪は抗生物質が効かない肺炎の可能性も

梅雨どきの咳を甘く見てはいけない。思わぬ深刻な病気に発展する危険も(写真:ストリーム/PIXTA)

梅雨時の咳は「風邪が原因ではない」可能性

梅雨の時期は、気温の変化が激しいため体調を崩しやすい。ちょっとだるくて「風邪かな~」と思って市販薬を飲んでも、微熱や咳などの症状が続くことがある。

そんな梅雨の風邪の中には、「レントゲン検査の写真で肺に影が見えます。肺炎になりかかっているようです」と、医師から思ってもみなかった「重い診断」を受けるケースがある。さらに、抗生物質を処方されても、症状が治まらないこともあるのでご用心。原因は、カビ(真菌)!

真菌症臨床研究の第一人者、千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授が警鐘を鳴らす。

「カビにはたくさんの種類があり、人間の細胞とよく似た構造を持っているため、人の住んでいるところはどこにでも生息しています。一般のご家庭でも、1立方メートルあたり1000個程度は見つかります。湿度や温度などカビの生息に好条件であれば、あっという間に10~100倍に増えることも珍しくありません。カビを吸い込んだときの病気では、アレルギーによる夏型過敏性肺炎が有名ですが、カビの種類によっては、肺に炎症を起こし重い症状に結びつくアスペルギルス症(感染症)などもあります。抗生物質は効きませんので、注意していただきたいと思います」

次ページ健康な人も、恐いアスペルギルス症にかかることも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT