ジメジメ梅雨に「咳が止まらない」は要注意

最悪は抗生物質が効かない肺炎の可能性も

梅雨どきの咳を甘く見てはいけない。思わぬ深刻な病気に発展する危険も(写真:ストリーム/PIXTA)

梅雨時の咳は「風邪が原因ではない」可能性

梅雨の時期は、気温の変化が激しいため体調を崩しやすい。ちょっとだるくて「風邪かな~」と思って市販薬を飲んでも、微熱や咳などの症状が続くことがある。

そんな梅雨の風邪の中には、「レントゲン検査の写真で肺に影が見えます。肺炎になりかかっているようです」と、医師から思ってもみなかった「重い診断」を受けるケースがある。さらに、抗生物質を処方されても、症状が治まらないこともあるのでご用心。原因は、カビ(真菌)!

真菌症臨床研究の第一人者、千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授が警鐘を鳴らす。

「カビにはたくさんの種類があり、人間の細胞とよく似た構造を持っているため、人の住んでいるところはどこにでも生息しています。一般のご家庭でも、1立方メートルあたり1000個程度は見つかります。湿度や温度などカビの生息に好条件であれば、あっという間に10~100倍に増えることも珍しくありません。カビを吸い込んだときの病気では、アレルギーによる夏型過敏性肺炎が有名ですが、カビの種類によっては、肺に炎症を起こし重い症状に結びつくアスペルギルス症(感染症)などもあります。抗生物質は効きませんので、注意していただきたいと思います」

次ページ健康な人も、恐いアスペルギルス症にかかることも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT