マルエツ168円アイスはなぜ売れるのか?

ハーゲンダッツより濃厚な新製品も!

マルエツのPBアイス「プレモ」が密かに売れている
景気回復を実感しにくい中で進む、消費税増税や相次ぐ値上げ……。日々の買い物でその影響を感じる消費者の間で、低価格商品の存在感は高まるばかりだ。最近はただ安いというだけでなく、価格の数倍の価値を感じるような高品質な商品も続々と登場している。今、特に売れているコスパ最強商品とは? 主婦でもある筆者がそのヒットの要因に迫る。

 

夏はまだ先だが、今の時期でも気温がグンと上がる日などはアイスが無性に恋しくなる。

みなさんは、「Premo(プレモ)」というアイスをご存じだろうか。スーパー「マルエツ」のPB(プライベートブランド)「maruetsu365」(以下、365)の商品だ。定番4種(バニラ、チョコ、イチゴ、抹茶)と、季節限定2種を展開している。

おそらく認知度はあまり高くない。マルエツは、マルエツプチ61店舗とリンコス4店舗を含め279店舗(2015年3月26日現在)を展開しているが、首都圏が中心で全国区ではないからだ。しかも、大々的な広告宣伝をしないPBである。実際、「365」のどら焼きをよく買う筆者も、日々の買い物をマルエツプチに頼る筆者の母も、このアイスの存在に気付いていなかった。

だが、これが一部のファンにはたまらない、知る人ぞ知る絶品アイスなのだそう。

売れ数では某有名アイスを超える

「プレモ」は、「自分のためのご褒美アイス」をテーマとした高級路線のアイスだ。2014年4月に発売したところ出足から好調で、1日1店舗あたりの売れ数では目標のおよそ2倍売れた(1週間集計)。

あるネット記事で限定の「チーズ&ラフランス」が絶賛された際には売り上げが前週に比べ245%増となり、全国から問い合わせが集中。これを受け、店舗がない地域でも購入できる仕組みを検討中だという。現在、店頭での売れ数は、「高級アイスで比較すると、『ハーゲンダッツ』には及ばないが、某有名ナショナルブランドを超えている」(広報担当の加納香代子部長)とのことだ。特にマルエツプチでの売れ行きがよいという。

好評につき、今年の4月10日には、ファンのニーズに応え、さらなる高級仕様の「プレミアムプレモ」(バニラ、プリン)も満を持して発売。詳細は後述するが、バニラについては、なんと乳脂肪分量がハーゲンダッツよりも多くリッチな味わいが楽しめる。

次ページなぜ女性にうけるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT