「ステーキブーム」の裏側にある意外な新潮流

日本人が牛肉に求め始めたあの味と食感

口コミを中心としたグルメ情報サイト「食べログ」で探すと2000店以上が見つかるなど、今、「1人で行けるステーキ店」がにわかに人気だ。ペッパーフードサービスが取り組んでいる「いきなりステーキ」。立ち食いでステーキとワインが楽しめるというスタイルが好評で、東京都内の20数店を中心に千葉、神奈川、大阪、仙台などにもジワジワと店舗網を広げている(2015年3月末)。

そんな話題の「1人ステーキ」業態に3月下旬、また話題の店が東京・六本木にオープンした。その名は『ザ・ステーキ六本木』。「シンプルにただ肉を食う!ライオンのように肉を喰らう!!」がコンセプトで、頑張った自分へのご褒美に、疲れやストレスがたまっているときに、心ゆくまでがっつりと肉を喰らいつける、お一人様大歓迎のステーキハウスだ。

食べればランクが上がる?

1ポンド(450g)の価格は3700円(税込み、ライス大盛りサービスあり)などのメニューがあり、「マイポンドレコード」なる、食べた肉の量が自分の「ポンドカード」に記録され、さらにランキング形式で店舗ホームページ上に公開される。食べれば食べるほどランクが上がる面白さも兼ね備えている。

ウッド調の落ち着いた内装と、熱々の調理がライブ感覚でカウンターの目の前に広がる雰囲気、そして翌朝6時まで営業という営業時間の長さも相まって、オープン以来、連日盛況だ。

実は今、巷は「肉ブーム」。今年も4月24日~5月6日の期間に駒沢オリンピック公園で、第3回肉フェスが開催される。しかもゴールデンウィークには幕張と横須賀でも同時開催され、かなりの盛況が期待される。

一方で、この肉ブームを支えているのが“脱・霜降り”という流れ。国産A5ランクの高級牛肉、いわゆる霜降りを好んで味わってきた日本の牛肉シーンが、今、変革の岐路にある。

次ページもう一つの流れとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。