「ステーキブーム」の裏側にある意外な新潮流

日本人が牛肉に求め始めたあの味と食感

ドライエイジングビーフは熟成という工程を経るため、高級な霜降り肉は向いておらず、むしろ安価な赤身肉が最適。しかも通常の赤身肉と違い、1ポンドあたり4000円代と通常よりも高価格で提供できる。

歩留まりが悪いという欠点も

だが、熟成という工程を経るゆえに、外側の部分が乾燥してしまい、提供できる部分が少なくなるため、いわゆる歩留りは悪く、ひるがえって肉自体の原価率は高くなるという店舗側の欠点がある。けれども約30分かけてじっくりと焼くスタイルゆえに、その間に野菜その他、早く提供できる料理を味わいながら待つことにより、一人あたりの単価の向上が期待できる。

「听」でもワインと肉とのマリアージュを提唱し、肉が焼きあがるまで、お酒と新鮮な京野菜を楽しめ、そしてドライエイジングビーフを味わうといった見せ方のメニュー構成となっている。ドライエイジングという手法は、もともとはヨーロッパで冷蔵庫が無かった時代に、温度の低い洞窟や地下などに肉類を吊るして乾燥させたことを起原とする。

現在の先進国といわれているのはアメリカ。熟成は牛肉に限らず、馬肉や羊肉などにも見られるが、特に牛肉はアメリカ農務省によって8等級に分類された上位のプライム、チョイスといったグレードのものを使用し、それを掲示する店舗も少なくない。そもそもアメリカの人々は霜降り肉よりも赤身のほうが好むといわれている。日本では昨今まで逆であったが、それがここへきて、赤身重視へと変わってきている。それはまさに肉業界の革命ともいえそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT