夏太りに効く簡単なダイエット法があった!

まずは「ツボ」と「姿勢」で食欲を抑制

一方、日常生活の中にも、代謝を悪くする習慣がある。気温の上昇と共に、水分補給の機会が増えるが、飲み過ぎると体内を冷やして代謝が落ちやすくなるという。温かい飲み物でも、体内に入ると身体を冷やす作用が働くそうで、飲み過ぎは良くない。

「1日のトイレ回数4~5回が、水分のほどよく取れている目安です。トイレ回数が多い人は、飲み過ぎといえます。特に女性は、水分を取り過ぎると腎臓などに悪影響を及ぼすため、注意が必要です。熱中症に注意しながら、ほどよい水分補給を心掛けましょう」(同)

右肩上がりの姿勢だと、食欲が抑えきれない!?

さらに、中には自律神経や肝などの働きに関係なく、食欲が増してしまう人もいる。そこには、姿勢の問題が潜むという。正面を向いてまっすぐ立ったときに、右肩が上がっている人はご用心。

「右肩が常に上がっている人は、胃が引っ張られることで、十二指腸とつながる胃の出口の幽門(ゆうもん)が開きやすいのです。胃に入った食べ物が十二指腸に流れやすくなるため、胃がすぐに空っぽになって、食欲を強く感じやすくなります」(同)

鏡などで姿勢をチェック! 重いカバンを左腕や肩で持っていると、右肩は上がりがち。しかし、右腕や右肩で重いカバンを持っている人も、持ち上げようとする力が働くことで、右肩が上がっていることがある。

いずれにしても、右肩が上がっているようならば、意識して正常な位置へ。もちろん、ツボ押しや肩の位置を正しても、強い食欲を感じる人はいるだろう。

もしダイエットに支障が生じるときには、別の問題を考える必要がある。

「骨格が歪んでいると、その歪み具合によって、上半身が太りやすい、あるいは、下半身が太りやすいなどの症状が現われます。また、ダイエット後に何度もリバウンドを繰り返しているような人は、骨格以外の体内のバランスが崩れていることも考えられます。もしダイエットが上手くいかないときには、一度、専門家に相談してみると良いでしょう」と福辻院長はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT