夏太りに効く簡単なダイエット法があった!

まずは「ツボ」と「姿勢」で食欲を抑制

ツボの押し方は簡単だ。

①薬指の爪の下の側面にある「関衝(かんしょう)」というツボを意識して、反対側の親指と人さし指で薬指の両側をつまむ。

②ゆっくり息を吐きながら押して、息を吸いながら離す。

③それを7~8回繰り返す。

たったこれだけで、交感神経が優位になり、食欲を抑えるだけでなく、代謝も活発になるそうだ。

「もうひとつ、小指の爪の下の側面にある『小沢(しょうたく)』というツボは、小腸の働きと関係しています。副交感神経が優位になって、栄養を吸収しすぎる小腸の働きを抑えるには、このツボが効果的です。小指の爪の両側面を親指と人差し指でつまみ、ゆっくり息を吸いながら押し、息を吐きながら離すと良いでしょう。薬指のツボとは、息の吸い方と吐き方を逆になります。これを7~8回繰り返してみてください」(福辻院長)

靴下の上から、足の親指も押してみよう

食欲は、副交感神経が優位になるだけでなく、肝機能が弱まっているときにも増すことがある。東洋医学では、「肝」はエネルギー代謝や自律神経の調節などに関わり、「肝」が衰えると、食欲が増すそうだ。

「東洋医学の肝の意味は、西洋医学の肝機能よりも、広い意味を持っています。暴飲暴食したり、スイーツ系などをたくさん食べると、肝が衰えて、同時にシーソーのように消化器系の働きが活発になるのです。そのため、食欲を感じやすくなります」(同)

現代社会には、食生活の乱れや寝不足、ストレスなど、「肝」が衰えやすい状況がたくさんあるという。その証が、顔色が青味かかってくすみ、爪の色も悪く割れやすく、視力も衰えてイライラするといった症状が出やすい。

アルコールを飲まなくても、肝は衰える。それを解消するのが、足の親指のツボだ。

①足の親指の爪の下の内側の側面にある「太敦(たいとん)」のツボをゆっくり息を吐きながら押す。

②息を吸いながら離す。③これを7~8回繰り返す。

「靴下の上から押しても効果はありますので、職場でイライラしたときや、食事の前、寝る前などに押してみてください」(同)

次ページ水分の取り過ぎや姿勢でも、問題は起きる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT