世界で大流行する「やせ薬」は本当に悪者なのか 「GLP1ダイエット」は科学的にアリかナシか

拡大
縮小
今、世界的に大流行している「糖尿病の薬」として開発された薬を使った「GLP-1ダイエット」。日本では批判も多いが、薬によるダイエットは本当に“科学的見地からみて悪い方法”なのでしょうか(筆者撮影)

ダイエットの経験のある方は少なくないだろう。だが、成功する人はごく僅かだ。一時的に体重が減っても、たいていはリバウンドし(ストレスでヤケ食いする人は多い)、そこで諦めるか、次々にダイエットのハシゴをすることになる。ダイエットに王道はないのだろうか?

今、世界的に大流行しているのが、薬を使った「GLP-1ダイエット」だ。だが日本では、批判も多い。薬によるダイエットは本当に“科学的見地からみて悪い方法”なのか? 世界の流れを踏まえ、解説する。

「糖尿病の薬」として開発されたGLP-1作動薬

「GLP-1ダイエット」は、医師の処方するGLP-1作動薬によって食欲をコントロールする減量法だ。

GLP-1作動薬は、もともとは糖尿病の薬として開発された。使用するうちに強い体重減少効果がわかってきて、今では肥満治療薬としての有効性が認められ、世界で広く使われている。

この薬で治療している方によると、「我慢しなくても、食べすぎない」「お腹が満たされるまで食べているのに、1人前が食べられなくなった」「あまりお酒を飲みたいと思わなくなった」という。無理せずに食事量、つまり摂取エネルギー量が減り、自然と体重が減っていく。

もうすこし医学的な説明をしておこう。GLP-1(Glucagon-Like Peptide-1)はもともと食事を摂取したときに十二指腸や小腸から分泌されるホルモンの一種で、すい臓や脳にあるGLP-1受容体に結合して、血糖値を下げる働きがある。

ただ、GLP-1は体内で3分ほどで分解されてしまう。もっと持続するように、GLP-1のアミノ酸配列をちょっとだけ変更して作られたのが、GLP-1作動薬やGLP-1受容体刺激薬だ。

血糖値を下げるほかにも、血圧とコレステロールの両方を低下させる。また心血管の保護作用があり、心筋梗塞などの心血管病の全リスクを低下させることがわかっている。筋肉へのブドウ糖の取り込みを増やしたり、肝臓でのブドウ糖産生を減らす作用もあり、これが血糖値の低下に結びついている。さらには、神経を保護し、脳の視床下部という部位に直接作用して満腹感を増加させる。

次ページGLP-1作動薬を使って減量に成功した患者さんの言葉
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT