「5月に売れ」なので、株売り始めました!

「日経平均2万円割れ」は買ってもいいの?

2万円を大きく割れた日経平均株価。ここは買いたくなるところだが、カリスマ投資家の内田衛氏はどう考えているのか?(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

4月30日、高値圏でモミ合っていた日本株が崩れた。日経平均株価は538円安と今年最大の下げ幅を記録、相場は不穏な雰囲気のまま、いよいよ5月へ。そんな中、4月後半の約2週間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな売買をしていたのか。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。果たして内田氏は買いなのか、売りなのか?

この連載の一覧はコチラ

【4月13日(月)】優待目的保有でホームセンター業界首位のDCMホールディングス(3050)が、71円安(7.23%、値下り率第2位)の911円と大幅安。理由は、先週末引け後、青森、北海道地盤のホームセンターのサンワドー(7430)との株式交換による完全子会社化を発表したから。

交換比率は、サンワドー100株が、DCMホールディングス90株となる。サンワドーは、100円ストップ高の791円とDCMホールディングスとの交換比率にサヤ寄せする形で上昇した。同社株は、このところ上昇していたので、1000円で売り注文を出していたのだけれど、目標株価の1000円が遠くなってしまった。

持ち株のリソー教育に大口の買い注文、何かあった?

【4月14日(火)】午前3時、日経225先物は、50円安の1万9880円。

NYダウは、80ドル安の1万7977ドルと小幅安。14時30分20秒、リソー教育(4714)に10万株の成り行き買い注文が入った。

何があったのか調べてみたら、平成27年2月期決算発表があった。今日、決算発表があることは知っていたが、引け後だと思っていた。好決算と「継続企業の前提に関する注記」の記載解消に関するお知らせを好感したのだろう。

次ページぎょえ!ギリシャショック、再び?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT