同志社大学・太田肇教授の新モチベーション論(第2回)--表彰を楽しんだら経営好転

同志社大学・太田肇教授の新モチベーション論(第2回)--表彰を楽しんだら経営好転

売り上げを復活させた店舗には、「V字回復したで賞」。

競合店と徹底的に戦ったお店には、「これからも戦い続けま賞」。

お客さんが殺到し、結果的にお客さんを待たせてしまったら「お客さん待たせすぎで賞」。

衣料品・雑貨の販売を行う会社、ヒューマンフォーラム(京都市)にはユーモアにあふれた賞がたくさんある。ただ、これらは制度として決められたものではなく、社員を楽しませるためそのときどきに作られた賞だ。

それらとは別に、継続して与えられている賞も設けられている。

その1つが「ミステリーツアー」だ。同社のスタッフが身分を隠して全国の店舗を回り、その店の接客態度や売り場の雰囲気などをチェックする。その結果、評価の高かった店舗を表彰するのだ。

もう1つは、春夏秋冬というシーズンごとの売上げを競い年間総売り上げを競う「年間総合売上げダービー」。「HF売上げダービー」はシーズンごと、つまり3カ月に1回表彰式を開き、そのうちの1回は「年間総合売上げダービー」の表彰をする。

ところで、同社では社員だけでなくアルバイトも大きな戦力になっている。アルバイトがいなければ経営が成り立たない、といってもよい。そのアルバイトを対象にした賞もある。

3カ月に1度、頑張っているアルバイトスタッフを海外出張に行かせ、現地でバイヤーの勉強をさる「弾丸バイヤーズ」。これは、以前、マスコミでも話題になった「世界を飛び回る弾丸トラベラーズ」を模したものだという。各自が現地で撮影したビデオを帰国後、バラエティ風に編集して社員の前で発表することになっている。

できるだけたくさんのチームや店舗を表彰

こうした表彰制度を取り入れたのは社長、出路雅明さんの経験によるところが大きい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。