非正規31歳男性が憤る「大学図書館の働かせ方」 民間への業務委託が進むことによる「悪影響」

✎ 1〜 ✎ 120 ✎ 121 ✎ 122 ✎ 最新
拡大
縮小
大学図書館の非正規雇用のスタッフとして働いてきたカツヒサさん。勤続5年の間、時給はいつも最低賃金水準だったという(写真:カツヒサさん提供)
この記事の画像を見る(2枚)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

説明なしに労働時間を変更された

「図書館の開館日程の変更について」。関西地方にある大学図書館で働くカツヒサさん(仮名、31歳)の元に職場からこんなメールが届いたのは昨年4月のこと。土曜日の開館時間を延長するほか、それまで休館日だった日曜日を新たに開館するという内容だった。

つい先日、開館スケジュールは当面は従来どおりという知らせがあったばかり。にもかかわらず変更理由の説明もない。人員を補充するという話もない。行き当たりばったりの方針転換に職場からは戸惑いの声が上がった。スタッフの中には図書館勤務の収入だけでは自活できずダブルワークをしたり、子育て中だったりと、すぐに週末の予定をやりくりすることは難しい人もいたからだ。

次ページ月末になってから「来月のシフトはゼロ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT